ストレスで母乳が止まる!?




「ストレスで母乳が出なくなるよ」

そんな言葉を耳にすることがあると思います。



「それまで出ていた母乳が出なくなった」

「赤ちゃんがずっとおっぱいに張り付いて、離さない」



強いストレスを受ける、例えば災害時などに

そんな風に感じたら心配になりますよね。



そんな時のために、母乳に関わるホルモンについて知っておくと

落ち着いて対処できるかもしれません☺︎



母乳に関わる主なホルモンは2つあります。




まずは「プロラクチン」。








もう一つは「オキシトシン」。







ストレスでオキシトシンの分泌が抑制されると、

一時的に母乳が出にくくなることがあります。


これが「母乳が出なくなった?!」と感じる原因かもしれません。



ただ、母乳を作り出す「プロラクチン」は

ストレスに影響されませんので、

どんな状況でも母乳を作り出す機能は保たれています。


授乳を続けることで、一時的に抑制されていた

「オキシトシン」も復活していきます。



「オキシトシン」は、母乳を出しやすくするだけでなく、

ママと赤ちゃん、お互いの気持ちを落ち着かせてくれる作用もあります。



家族や行政、サービスなどの支援を受けて、

ママが休めて安心して授乳できる環境を作ることが大切です☺︎