おっぱい詰まっちゃった ③乳腺炎

しこりができて治らないでいると、その部分が炎症を起こして乳腺炎になってしまうことがあります。


乳腺炎のときは、乳房が赤く腫れて痛みも強くなります。

38度以上の発熱や、インフルエンザのときのような症状がでてくることもあります。


こんなときは、まずは前回お話しした対処法を試してみてください。

乳腺炎は、滞っている母乳を外に出すことが1番大切です。

「熱があるのに母乳あげていいのかな?」


と心配に思うかもしれません。

乳腺炎のときの母乳でも、赤ちゃんに害はありませんから、安心してどんどん飲んでもらってください。



※対処法を試しても、24時間以内に症状が良くならないとき※

細菌感染を起こしている可能性があるので、医師の診察を受けてください。

細菌感染を起こした乳腺炎は、抗生物質の内服が必要になります。


「抗生物質や痛みどめって授乳中飲んでいいの?」と不安におもうかもしれません。

国立成育医療研究センターのホームページに、授乳中に内服しても大丈夫な薬の一覧が載っています。


https://www.ncchd.go.jp/kusuri/news_med/druglist.html




乳腺炎のときに処方される薬は授乳可能なことが多いですので、確認し、安心して内服してくださいね。

もちろん、感染性の乳腺炎のときの母乳も赤ちゃんに害はありません。

赤ちゃんにしっかり飲んでもらってくださいね。


乳腺炎は予防が大切です。


ちょっとおっぱいの調子悪いな、と思ったら早めに対処法を行ってみてください。



関連記事

すべて表示